外国人介護士受け入れ前後の課題に対するサポート

施設様、監理団体様、外国人介護士の皆様、を対象とします。施設様、監理団体様の役割として、外国人介護士の皆様へのサポート体制は整えておられると思いますが、より手厚くサポートが必要な部分についてお手伝いいたします。
外国人介護士の皆様には、介護コンソーシアムが監理団体様と提携してサポートデスクの役割を担います。

海外からの介護人材の受け入れを
お考えの施設様へ

日本の介護サービスを世界へ・・ そしてまた日本へ・・

2025年問題が目前に迫る中、現在すでに、施設を利用したいという高齢者を受け入れる居室はあるのに、受け入れできる体制が整っておらず空床のまま・・・という状況が起きています。慢性的な人手不足は、これからますます深刻化し、利用者にとってはよりよい生活環境、スタッフにとってはよりよい職場環境を提供することが難しくなっていく可能性があります。

一方、海外からは、日本の介護を学びたい、母国の家族の生活を支えていきたいと強い志を持って、日本での就業を希望されている外国人の方々がたくさんいらっしゃいます。

介護コンソーシアムでは、こういった介護現場の状況を少しでも改善したいという施設様と、海外から来られる介護を業として身につけたいという外国人の方々を、最小限の負担と、最大の安心でサポートしていきます。

外国人介護士を介護の現場で受け入れる仕組みについては、私たち介護コンソーシアムが施設様に訪問して詳しく説明いたします。
施設様のニーズに合った監理団体様を選択していただくための情報提供を行います。

施設様の現状に即して、どのような人材に来てほしいのか、受け入れに際してどのようなご不安があるのかをヒアリングし、施設様にマッチングする人材をご紹介できる監理団体様をご提案いたします。

ご利用者様・ご家族様むけに施設様で計画されるであろう、受け入れ前のデモンストレーションの企画・実施を支援いたします。(例:海外とのTV通信や、海外の文化に触れていただく食事会やイベント、ご利用者様による外国人介護士への日本語教室等を開催する等、交流の手段を提案し、相互のご理解を深めていただくお手伝いをします。)

受け入れ後には、外国人介護士の生活の場の環境整備、住居周辺地域への関わりについて等アドバイスいたします。
指導員となる施設スタッフさんや外国人介護士のサポートをお手伝いします。
私たち介護コンソーシアムスタッフが外国人介護士と一緒に現場に入り、私たちも業務を実践しながら、現場での外国人介護士の疑問を共有し早期に解決できるようにします。

監理団体様と協力し、定期巡回の他、介護支援専門員や介護福祉士有資格者による随時巡回や電話相談等のサポートデスクを設置いたします。

外国人介護士の生活面においても、仕事とプライベートの充実感を得られるように、日本の文化や生活に触れられる機会を提供します。現場の困りごとなどを共有できる場やレクリエーションの機会を提供します。

定期的に介護技術講習会を開催し、介護の疑問にお答えします。また、介護福祉士を目指す外国人介護士のサポートのために、勉強会の開催や専門家への質疑応答機能を設けます。

外国人介護士の受け入れに関する施設内のマニュアル作成のサポートをいたします。

※上記のサポート内容については、監理団体様との業務委託契約において提供されるものです。ただし、外国人介護士の受け入れに際して、施設様で実施する義務のある内容について代行・調整する場合には、料金が発生する可能性があります。


監理団体(協同組合)様へ

厳しい基準をクリアして臨む制度ですが、介護の現場は想像以上に、多種多様な問題を抱えながら、日々の運営を継続しています。ご利用者様の生活が安定して維持できるように、また、志高く母国のために外国人介護士の皆様が安心して働き続けるために、私たちが協力できることを提案します。

施設様に訪問し、外国人介護士の受け入れの仕組みの説明から、施設様と監理団体様とのマッチングをサポートいたします。

監理団体様の行う定期巡回に加え、介護支援専門員や介護福祉士有資格者による随時巡回や電話相談等のサポートデスク機能を担います。

当コンソーシアムが、監理団体様と提携することにより、施設様のニーズにお応えすることができ、より施設様と監理団体様と外国人介護士の皆様の安心と信頼関係が築けることを目的として、調整役を担います。

外国人介護士の日常生活、職場環境の安定が図られ、安心して勤務が継続できることを目的にサポートいたします。外国人介護士の皆様の人権を護る役割を担いながら、随時必要なサポートについては更新していきます。

※施設様へのサービスの中で、監理団体様が実施する義務のある内容について代行・調整する場合、より手厚いサポートを提供することをお考えの場合には、業務委託契約に基づいて料金が発生いたします。

これから始まろうとしている制度です。スタートしてからぶつかる壁は計り知れません。
その問題を解決するためには、上記の内容だけではカバーできないこともあるかもしれません。サポート内容は随時更新し、必要に応じて改善していけるようにいたします。

施設様と監理団体様には外国人介護士受け入れ時の相互のご負担を最小限に!!
外国人介護士の皆様には安心して仕事を継続できるサポートを!!

日本と海外の介護を通じた交流、施設運営・人材育成をサポート

介護コンソーシアムのみならず、加盟メンバー企業との連携により、国内外において各種研修を企画いたします。海外研修には、講師として現場スタッフを選出していただき、帰国後に施設内で情報共有していただくなど、日本の介護の現場に活気をもたらす仕組みを作ります。

例:

  • 海外への日式介護の研修会・講師派遣、海外の介護ノウハウを共有する研修会・講師招待
  • 主に、海外の施設へのマネジメントノウハウの輸出、運営・研修マニュアル・教材の作成
  • 海外へ、海外から、介護に関連する事業所・施設の視察旅行の企画
  • 海外研修には、施設より現場スタッフを講師として選出していただき、帰国後に施設内で情報共有していただくなど、日本と海外双方のスタッフのスキル・モチベーションアップを目指す仕組み作り 等

日本と海外の介護に関連する事業所様の行事企画・会場設営・運営をサポート

介護コンソーシアムのみならず、加盟メンバー企業との連携により、各種行事を企画いたします。出演者・ボランティア紹介なども行います。

例:

  • 国内外において、施設内行事の企画・会場設営・運営をサポート

日本と海外の介護と他業種企業のコラボレーションをサポート

介護に関連する事業所様が新たに取り組みたいことと、他業種企業の提供するサービスのマッチングをサポートいたします。

例:

  • 介護職員向け学習ツール、施設運営、利用者のリハビリやレクリエーションにITを活用
  • 福祉用具製作会社による、展示会や研修の企画
  • 飲食業界、旅行業界等と連携し、人生の楽しみを実現できるお手伝い 等

介護コンソーシアム加盟メンバーによる情報交換会の開催

例:

  • 各業種の皆様により、介護の現場において、より多角的な視点からサポートし合える方法がないか情報交換できる場を主催いたします。